フォトギャラリー

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

6/24冒険コースのお客様

6月24日の冒険コースのお客様のご紹介ですhappy01

本日のお客様は東京・山口・高知から見えられたお客様方です。

062401

つながりはなんとゲストハウスでのお友達だそうで、中村の方に聞いて、知り、以前より楽しみにしていた冒険コースに参加されたそう。heart02

梅雨の中、本日は運よく中休み。抜群の冒険日和とまではなりませんでしたが、雨が降らなくてよかったです。upupcloud

気合十分、狭い穴もくぐり抜けます。scissors

062403 こっちも狭いですよ~sweat01

062404

最後は全員で「さいの石」の上で記念撮影happy02、パチリcamera

062402

この後のご予定は?とお聞きすると、オカバヤシのプリンを購入後にゲストハウスへ向かうそう。うーん、満喫していますね。お友達とのご旅行はまた一味違った楽しみがありますよね。

楽しい旅を続けてくださいhappy02 冒険コース入洞ありがとうございました。

2017年6月22日 (木)

紫陽花満開。

本格的な梅雨に入って、雨が多くなってきました。でもそんな憂鬱になりそうな中、その季節に楽しむ花もありますよね。

「雨が似合う花ってな~に~?」

「アジサイ~!!happy01

そう、紫陽花。梅雨の雨が降る中に見ごろになる初夏の花です。

龍河洞でも至るところに咲いていますので、現在が見頃です。

20170622aji1↑博物館前のアジサイ その1

20170622aji02↑エスカレーターに沿って咲いているアジサイ。

20170622aji03↑博物館前のアジサイ その2

20170622aji04↑ぐるり花広場のアジサイ。

その他の場所にも咲いています。龍河洞を散策ついでにアジサイもお楽しみくださいheart04

2017年6月12日 (月)

鳥の鳴き声

龍河洞はとにかく鳥がさえずっています。

BGMはとにかく鳥の鳴き声。happy01

今は6月だけど、うぐいすが鳴いています。うぐいすって何月位まで鳴いているんでしょうsign02

短いですが、動画に取ってみました。

↓博物館前から


YouTube: 龍河洞 鳥の鳴き声

↓裏山?の水田前から


YouTube: 龍河洞 ウグイスの鳴き声

少しでも龍河洞、現地のBGM(鳥の声)をお楽しみください。

2017年6月 6日 (火)

龍河洞の階段数

今日電話が鳴りました。とある旅行会社さんからの電話です。

「龍河洞の洞内は一体階段が何段あるんですか?」

「!?」bearing

「出口から下に降りるときは階段だけですよね?、下に降りるまでに何段階段がありますか?」

「!!?」coldsweats02

‥わかりません。

皆に聞いてみましたが、「100段以上はある、200段くらい?」「そういえば知らない」「昔に数えたひとがいたけど何段だったっけ‥」

正確な段数がわかりません。新人だからわからない‥ということではなさそうです。これから先も旅行会社の方々(やお客様)に聞かれることは必須!‥なので数えてきました。

まず、龍河洞入口へ上がる為の階段が86段程(上り)(しかしこれは入口までのエスカレーターがあるため、足腰を鍛えたい方以外はエスカレーターをご利用ください。)

次に洞内。入口は涼しいです。今の季節、最高~heart04と思いながらゆるやかな登り坂を上がります。階段だけではなく、緩やかな坂道です。と思ったら階段があらわれた。

階段・階段・坂・階段・坂‥253段(上り)次に60段(下り)、下ったと思ったら今度は43段上って6段下る、最後に10段上って出口到着!

上り下り合計372段でした。

思ったより多~~い。(けれど実際そんなに上り下りしている感覚は薄いです。)

洞内は休憩の椅子やベンチが所々に設置してあります。

07060601

07060602

07060603 疲れたらご利用ください。最後のベンチには、前に扇風機も用意してあります。このあたりが一番厳しいので、疲れたら休憩をとってくださいね。

さて出口に出ました。

ここの出口からの階段数が本番です。下りのルートは、階段・階段・スロープ、階段・スロープ階段‥刃物屋さん、看板屋さんが下りの間に表れて、足の疲れを癒してくれます。カチカチと数を数えることに専念すると、ついに博物館に下りてきました。‥なんと博物館におりてくる間に324段ありました。そして珍鳥センターを経由し、商店街の最後の階段を降りると合計411段を下りました。

07060604

入口から降りるまでで上り下り合計783段!!これだけの段数を上り下りする必要があります。 お、おつかれさまでした。

最後に一句。

「涼しいと喜んでられるの最初だけ」 (入洞者心の句)

皆様足腰を鍛えてお越しください。coldsweats01


このページの先頭へ